若狭路まるごとキャンプ

春、夏、冬のお休みに開催!
若狭路の大自然を舞台に、“子どもだけで参加する”合宿型のキャンプイベント。

海、山、川、湖という豊かな自然に恵まれた福井県若狭町で行う『若狭路まるごとキャンプ』は、親元を離れて子どもだけで参加するキャンプです。小学生〜中学生を対象にして、春、夏、冬の長いお休みの間に開催しています。

朝陽とともに目覚め、海に潜って魚を追いかけ、火を起こしてご飯を炊き、星空を眺めながら眠る。『若狭路まるごとキャンプ』はいつも自然と一緒です。知恵を絞り、仲間と協力し、初めてのことに挑戦する機会もたくさんあります。自然も仲間も、そして自分も、そこにあるまるごとすべてを受け入れて、思い切り遊び、大いに楽しむことができたとき、このキャンプは子どもたちにとって一生モノの体験となるでしょう。

参加者の声はこちら

若狭路まるごとキャンプを最高に楽しむための三か条

その1 まるごと自然だ!(自然と向き合う)

海にゆっくり沈んでいく夕日、透き通った海に泳ぐ魚、真っ暗な夜の森から聞こえる虫や動物の音。若狭の海や山はとても美しく、最高の楽しみを与えてくれます。ところが反対に、危うく怖さを感じることもあります。その両面を自分の肌で感じ取ったとき、「自然っておもしろい!」と心から思えるようになるのです。勇気を出してまるごとの自然に飛び込んでみてください!

春の若狭路まるごとキャンプ 釣り
春の若狭路まるごとキャンプ 洞窟探検
夏キャンプ
若狭路まるごとキャンプ 冬

その2 まるごと仲間だ!(仲間と向き合う)

キャンプ生活をともにする子どもたち、スタッフ、そして協力してくださる地域の方々。みんなが「楽しいキャンプを作りたい」という同じ思いを持って集まった仲間です。たくさん話し合うなかで、時にはぶつかり合うこともあるかもしれませんが、相手の気持ちを考え、お互いに向き合い、真の絆を深めてもらいたいです。

夏キャンプ
春の若狭路まるごとキャンプ
2018冬の若狭路まるごとキャンプ【B1組】
2018冬の若狭路まるごとキャンプ【B1組】
春キャンプ
春キャンプ

その3 まるごと自分だ!(自分と向き合う)

海に飛び込む、マッチで火をつける、お皿を洗い、そうじをする。キャンプ生活では初めてすることがたくさんあります。そのときには、頑張って挑戦してみよう!という「前向きな心」と、やりたくないな、嫌だなという「後ろ向きな心」の二つの心が顔を出したり隠れたりします。大切なのはそんな自分と向き合い、一歩前に踏み出そうとする気持ちです。その気持ちがあれば、キャンプで学ぶことや感じることは何倍にもなるでしょう。

若狭路まるごとキャンプ/活動/薪割り
冬キャンプの餅つき
夏キャンプ
夏キャンプ

2019夏『若狭路まるごとキャンプ』募集要項