漁船で湖をクルージング!色々な仕掛けで湖での漁に挑戦しよう!

※写真は過去の活動の様子です

  • 大ボス紹介
田辺 一彦(たなべ かずひこ)

(有)湖上館 代表取締役。(一社)若狭路活性研究所 代表理事。学生時代はボート部に所属し、キャプテンとして全国制覇を二度経験。父の宿を継ぎ、民宿業を営みつつカヤック、ロードバイク、トレイルランなど、若狭の自然を活用した様々なアクティビティを仕掛けている。体も器もでかいが童心を忘れておらず、キャンプ後の写真を見ると誰よりも子どものように喜んでいる。

このコースのポイント!

湖での漁に挑戦!

投網漁、カニかご、うなぎ筒漁など、湖での漁師作業に挑戦して湖の生き物を捕まえてみよう!それぞれの漁法は昔の人たちの知恵の塊。場所選びから道具の使い方までじっくり教わることができます。

捕れた生き物を味わおう!

何が捕れるかはその時次第!カニにフナにコイに…ウナギが捕れたら超ラッキー!捕れた生き物は自分たちで調理してみよう!湖の生き物たちは貴重で美味なものばかりです。

湖の秘境を探せ!

はるか昔の地殻変動でできた三方五湖。岸辺には車や歩きではなかなか行けない秘境がたくさんあります。二つの湖を繋ぐ川やマングローブのように木が生い茂る原生林を船に乗って見つけに行こう!

  • 基本情報
  • 参加費
  • 宿泊場所
  • 食事
  • 送迎
  • 持ち物
  • サポート体制
  • その他注意事項

日程

【その1】2020年1月4日(土)~6日(月)

【その2】2020年1月11日(土)~13日(月)

参加対象

小学3年生〜小学6年生

募集人数

各回5名(最少催行人数4名)

35,000円/人(税込み38,500円/人)

※この参加費に送迎代は含まれておりません。送迎代は集合解散の項目にてご確認ください。

内訳:宿泊費、体験料、食費(朝食2回、昼食2回、夕食2回)、材料消耗品、通信費、人件費、保険料、消費税、キャンプ運営に必要なその他経費

湖上館パムコ 別館

湖上館パムコの本館の向かい側にある別館の大広間にて宿泊します(就寝、風呂は男女別)。目の前は湖、トンネルを一つ抜ければ海と、多彩な自然に囲まれた宿です。お風呂やトイレ、空調等もしっかり完備しているので低学年の子や初めてのお泊まりの子でも安心です。寝袋で寝るのも子どもたちの楽しみの一つです。

住所:〒919-1461 福井県三方上中郡若狭町海山64-9-1

お風呂:有(湖上館パムコのお風呂に入ります)

トイレ:有(水洗洋式)

冷暖房:有(エアコン、ファンヒーター)

2019夏 B7組

各食自炊となります。メニューは決まっておらず、用意してある食材や調味料を見て子どもたち自身で何を作るか決めていきます。(アレルギーのある子がいる場合は該当する食材を省いて用意します。)

送迎につきましては下記の(1)〜(3)の内容をご確認ください。各集合場所~現地までは当校のスタッフが引率いたします。

(1)集合解散場所、時間、送迎代について

※送迎代は片道利用の場合は半額になります。

(2)利用する交通機関について

現地の最寄り駅までJRを利用します。三方駅からは貸切バスまたはワゴン車にて現地に向かいます。(15分ほど乗車)

【福井駅集合の方】JR福井駅~(北陸本線)~JR敦賀駅で乗り換え~(小浜線)~JR三方駅着
【高槻駅集合の方】JR高槻駅~(湖西線 新快速)~JR敦賀駅で乗り換え~(小浜線)~JR三方駅着
【敦賀駅集合の方】JR敦賀駅~(小浜線)~JR三方駅着

(3)各駅の集合解散場所の地図

【JR高槻駅】

JR高槻駅の地図

【JR福井駅】

【JR敦賀駅】

【JR三方駅】

★JR高槻駅、JR福井駅、JR敦賀駅集合の方は初日の昼食用にお弁当を持参してください。(電車の中で食べるのでポロポロこぼれないものがおすすめです。)JR三方駅集合の方は必要ありませんが、事前に昼食を済ませてきてください。

お弁当、懐中電灯、帽子、長靴、水筒、食器、常用薬、お米、着替え、タオル、雨カッパ、軍手、新聞紙、ビニール袋、メモ帳、筆記用具

※持ち物一覧はお申込み後の郵送資料(参加日の10日ほど前に郵送予定)にも同封いたしますので詳しくはそちらをご覧ください

参加人数に応じて班を編成して活動します。緊急時の対応など、詳細については以下をご覧ください。

サポート体制について詳しくはこちら

※多少の雨であれば雨具を着用して予定通り活動をします。屋外での活動が危険なほどの荒天の場合は屋内活動(クラフト体験など)に変更する場合もありますので予めご了承ください。

※乗り物酔いしやすいお子様は漁船に乗る時用の酔い止めを持参することをおすすめします。

※船に乗っているときは風がかなり冷たいので防寒着は厚手のものをご用意ください。(天候に関わらず雨具を着用して乗船します。)