参加者アンケートまとめ(2019秋、冬キャンプ)

2019秋、冬「若狭路まるごとキャンプ」に参加した子どもたちの親御さんにお聞きしました

キャンプに参加された理由は何ですか?

(秋)

・夏キャンプがとても楽しかったから、本人が秋も行きたがった。

・海辺に暮らしていないし、家族では海で釣りをすることが全くなく、本人がやりたがった。

(冬)

・自分の食べているものが、どうやって”食べ物”になるのか、知りたかったから(本人)

・ゲームやテレビのないなかで、自分の意見を伝えつつ、友だちと話し合いながら色々決めていくことをさせた かったから。

・いつも参加していて、本人があだっちゃんに会いたいと言っていたので参加しました。(←ありがとう!!)

・夏と春のキャンプに参加させて頂き、「冬も行きたい!」となったため。子供にとって、長期休みに欠かせない恒例行事のようです。

・狩猟コースは、そうそうない貴重な経験になると思ったからです。

キャンプから帰ってきてお子様に変化はありましたか?

(秋)

・夢中になって大ボスの話をしています。弟子入りしたいくらいだそうです。

(冬)

・毎回ですが、はしゃぎ過ぎて声がガラガラで帰ってきて疲れた~とグダグダ言って何もしないんですが、今回は、次の日から学校でしたが自分からマスクをしてグダグダ言わずに登校したので少しは成長したかなと。

こういう内容のキャンプを企画してほしい!などのリクエストがあれば!

・普段ゲームばかりなので、身の回りや自然のもので手作りしたり、昔の遊びとか、自分で考えて(工夫して)遊ぶ経験できたらよいです。

 →いいですね!工作や遊びを地元の方に教えてもらったりするとより楽しそうですね!考えてみます!

・山菜採りがしたいです。

 →春に早速やります!本を読んで予習しておくとgood!

・春、作物の、種まきをして、秋に収穫するという、2回参加キャンプ、とかどうでしょう。単発参加もありで。

・食事に関して、野菜が少なかった?ようで、野菜調達も自分でできるような仕掛けがあるといいなと思いました。

→農作業もおもしろそうですね!地域の方から野菜をいただいたり、自分たちで植えた作物の成長の様子はyoutubeから配信!というのもできそうですね!実現させましょう!

その他全体感想

(秋)

・何度か参加させていただいていますが、今回が一番、面白かったようです。「自分で決める」という点が、本人にとても良く合っていたと感じました。テント泊や、ご飯も新鮮で、刺激をうけていました。

はじめて小刀を借りて、木を削ったことをずっと嬉しそうに話していました。指先の怪我も、勲章のように見せてくれました。ひと回り成長した姿に、親としてもとても感じるものがあります。

海遊びのキャンプも楽しいのですが、源流キャンプ、またぜひ春にも開催していただきたいです。

(冬)

・キャンプを本当に楽しみにしていたので、1週間前から、宿題や課題を毎日自分から済ませて、荷造りなど能動的に過ごしていました。釣りと火起こしが楽しかったようです。

・今回の超少数キャンプは(子供曰わく)「やることや行く所を全部自分達で決められたのが楽しかった!」そうです。実際、子供が好きそうなことばかりが2泊3日に詰め込まれていて、本当に楽しかっただろうと思います。非常に感謝しております。

また、親としては少人数だとFacebookで子供の様子がよく分かったのもよかったです。少人数も、大勢も、それぞれにいいところがあるなぁと思いました。去年の夏から4回参加させて頂きましたが、人見知りの息子が、随分逞しく成長させて頂いたように思います。

探検では、鹿の角を拾ったり崖を登った事がとても楽しくて心に残ったようです。今回は少人数だったので自分たちでやることが多くて楽しかったと言っていました。

★あだっちゃんより

少人数制により、「自分たちでやることや行先を決められる」、「一つ一つの活動にじっくり取り組める」など、子どもたちにとってよりよい体験の場になっていることがよく分かりました!

また、アンケートに書いていただいたアイデアやリクエストは読んでいてとてもワクワクしました!

これからもみなさまのアイデアをもとに新しい取り組みをしてみたいと思いますのでどんどんお願いします!